郡山医療生活協同組合

郡山医療生協について

理事長あいさつ

坪井正夫 写真

郡山医療生活協同組合
理事長

坪井正夫

Tsuboi Masao

2011年3月11日を継続し風化させないということが
私の役目と考えています。
後に「ガラパゴス3.11家」と評価を受けるかもしれないが、
それは私が一番希望する評価です。

経過をまとめて記します。

Section1
震災、原発事故に対して私たちは日本国憲法を盾にして対峙しました。
具体的には「患者の権利章典」「いのちの章典」の実践となり、
その中から沖縄、広島、長崎、が見えてきました。
世界各国の原発の状況が見えてきました。
平和と人権を主張しました。
Section2
原発事故と過去の公害事件とは同種同根のものと考えられます。
「核害」としました。
この見方からは、水俣病やイタイイタイ病、四日市ぜんそくが見えてきました。
全国各地の公害発生地域、原発立地地域の人たちと手を結びました。
Section3
「大量生産、大量消費、大量廃棄」という社会構造から来る
公害事件であることから「構造災害」と言えます。
現時点では、原発の脅威はその最頂点に位置し、
世界的なあるいは人類の未来を閉ざす「核兵器」の脅威と同等なものだと考えています。
これらの見方が押しつぶされ風化していくことを拒否します。

平成二十七年八月 坪井正夫