郡山医療生活協同組合 桑野協立病院

暮らしに寄り添う、みんなのびょういん

病院について

病院について

院長あいさつ

  • 郡山医療生活協同組合
    桑野協立病院 院長
  • 浜田 純一郎
  • Hamada Junichiro

昨日よりも今日が、さらに明日が
より一層意欲的に生きられるように。

桑野協立病院2016年7月1日から桑野協立病院の第4代院長に就任した浜田純一郎でございます。 以下に当院の歴史と現状、そして未来へのメッセージを紹介させていただきます。
当院の始まりは1972年医療生協民主診療所の創立総会にあり、36年前の1980年10月1日53床の病院として開院して以来現在に至っております。いのちの章典にあるように、私たちが大切にする健康観について、「昨日よりも今日が、さらに明日がより一層意欲的に生きられる。そうしたことを可能にするため、自分を変え、社会に働きかける。みんなが協力しあって楽しく明るく積極的に生きる」と考えています。

患者さまの視点に立った、医療や健診。

私の専門分野である整形外科疾患においても、じつは自己体操で症状を軽くできます。凍結肩(五十肩)や腱板断裂を予防するには胸郭を柔軟にする運動と姿勢の改善、変形性膝関節症であれば股関節内転筋 力強化、大腿四頭筋と腸腰筋を伸ばす運動、膝蓋骨(おさら)を動かす運動、下腿を内旋する運動を組み合わせる自己体操によって症状を改善できます。正しい知識と実践法を教えると疾患を予防可能ですし、自分の体は自分でお手入れするのが当たり前の時代になりました。
安全・安心な医療・介護に関する権利のために安全・安心を最優先にし、そのための配慮や仕組み作りに取り組んでおります。当院では個室料金を徴収しておりません。患者さまの容体を診て個室が最適か否かを判断しております。したがって、患者さまの視点に立ち、医療や健診を進めてまいります。

ひなたぼっこ

地域に密着した医療、
健診業務、介護サービスを

私たちは、必要な時に十分な医療・介護サービスを受けられるように社会保障制度を改善し、健康にくらすことのできるまちづくりを行っています。そのため、居宅介護支援・ 総合事業・介護予防・生活支援サービスの提供、小規模多機能型居宅およびグループホー ム「ひなたぼっこ」、サービス付き高齢者向け住宅「なのはな」を展開し、特別養護老人ホ ーム「おおつき」と提携しております。今後ますます高齢化の進行する郡山市において、地域に密着した医療、健診業務、介護サービスを提供してまいりますので、ご支援をよろしくお願いいたします。